白い花、赤い花、黄色い花
平成19年09月29日
やや曇り今日の名古屋地方の天気
我が家の狭い畑の隅に白い花が咲いた。すいせん(水仙)かと思うが、リンク先の花とは違うようだ。ご存知の方は教えて下さい。
e0103711_18173371.jpg

これは昨日(28日)の惨めな姿である。花の命は短い。申し訳なさそうに、右下に露草が咲いている。
e0103711_11432365.jpg

タマスダレと分かりました。ぐ~さん有り難う御座いました。毒草との事で食べると痙攣や吐き気を起こすそうです。ニラと間違えるとあります。危険だから、畑から他に移植します。

これはニラの花である。この後でどのような実がなるか観察したかったが、妻が切ってしまったので今はない。
e0103711_18174632.jpg

多くのブログで紹介されているヒガンバナである。我が家の前の土手に咲いている。昨年までも咲いていたと思うが気がつかなかった。これもブログ効果だ。赤色だけでなく、黄色、白色、ピンク色などがあるようだ。名前も ヒガンバナ(彼岸花/石蒜/カミソリバナ/シビトバナ/トウロウバナ/曼珠沙華/曼殊沙華/捨子花/天蓋花)と縁起の悪い別名「総数954(中国・韓国・学名を除く)」と驚くほど多い。 ここまで調べた「熊本国府高等学校PC同好会」に脱帽です。花に博識の皆さんはどれだけご存知ですか?
e0103711_1244357.jpg

9月2日の段階では苗だったのが、黄色い花を咲かせ実もなっているキュウリです。この時期では実を食べるのは無理でしょうとのコメントを頂いたが、もうすぐに食べられそうだ(これも残暑厳しく異常気象のせいかも)。
e0103711_11435028.jpg

[PR]
by si-chans | 2007-09-29 06:00 | 日常の出来事


<< 幼児の薬 と 生産緑地地区 モリコロパーク夜まつり >>