初めての訪中(蘇州ー寒山寺) と 掛け軸
平成20年08月15日
夕日今日の名古屋地方の天気

北京オリンピックをテレビ観戦していると、時々、五輪マークが横切る。

e0103711_8293322.jpg
目障りである。

お盆だから、お寺の話題にしよう。ただ、中国では旧暦7月15日を中元節と呼び、日本同様、祖霊にちなんだ祭りが催されるそうだ。

21年前、蘇州の寒山寺に行った。
e0103711_1683152.jpg

古風なお寺が沢山あった。
e0103711_17494727.jpg

e0103711_17491134.jpg仏像も沢山あり、どれが有名なのか分からなかった。他のリンク先では、「この寺の除夜の鐘を聞くと10年若返ると言われている。毎年12月31日になると日本人観光客で寺はあふれるようだ。」とある。また、若返りそうだ。




寒山寺で掛け軸を数本買った。その一つで有名な漢詩があるものがあり、今でも床の間に飾ってある。

e0103711_1684767.jpg

漢詩の意味を知りたい方は、ここをクリックして下さい。
北京オリンピックの連日のテレビ観戦で寝不足の方は、この詩で頭をすっきりさせましょう。

追記:kawazukiyoshiさんからコメントを頂いた「蘇州夜曲」のカラオケです。
amamori120さんからコメントを頂いた「寒山拾得」の小説です。また、2人の僧のイメージです。

[PR]
by si-chans | 2008-08-15 05:07 | 中国編


<< 初めての訪中(蘇州ー運河) ... 世界一の狛犬 と シャボンアロエ >>