いねむりおじいさん と 梅の花
平成20年03月16日
夕日今日の名古屋地方の天気
ミニ台風(4才半、女子)が我が家に来襲すると、冬の間は公園では寒すぎるのでモリコロパークの児童館に行く。
既に紹介したように、記念館では、ロボットの案内がある。
e0103711_1552523.jpg

ミニ台風は「いねむりおじいさん」が大好きで何度でもボタンを押して、起こさせる。
その後で家に帰り、真似をさせられる。まず、いねむりの格好をさせられる。そこで、お腹を押して起こす。案内の初めです。
JIJI:「ああ~よく寝たな。誰だね起こすのは? ◎◎ちゃんか、 よく来たね。ここは楽しい児童館じゃ。遊んで行きなさい。誰と来たのかね。
ミニ台風:「おじいちゃんと来たの
そこで、ミニ台風が急に気が付いた。何故、いねむりおじいさんが名前を知っているのか?
それで、「何故名前を知っているの?」と厳しい指摘。なるほど、個々の幼児の名前を知るはずがない。これには、偽物の「いねむりおじいさん」は降参である。段々と知恵が付いてきて、お相手が難しくなった。
それで、今回は動画を撮っておいて、学習しよう。

後半のロボット案内嬢は質問をすると、答えてくれるようだが、ミニ台風は関心なし。「もう いい~」の一言で仕方なく退散した。

粘土細工もできる。今回のテーマは想像上の動物を作ることであった。右下の写真は他の子供達が作った物の陳列である。
e0103711_16424763.jpg

なお、カリフォルニアにお住まいの「りりさん」が陶器を作るバースディパーティを紹介しており、面白い。

また、もりの学舎(まなびや)もあるようだが、遠く離れており、行ったことがない。
もりの体験教室では、牛乳パックをつかった工作教室などもある。機会があったら参加しよう。
前回にUPした椅子以外にも、コメントで葉書の作成やまな板代わりにする利用法を教えて頂いた。
他の使い方も沢山ある。簡単のから複雑のまでもある。万華鏡もできるようだ。また、牛乳パック健康菜園も良いアイデアだ。我が家のような狭い庭には最適だ。 2階のベランダで家庭菜園を始めるつもりでいる。


なお、今日(16日)は早朝よりミニ台風に会いに行ってきます。



皆さんのブログで梅の花がUPされていたので、剪定講習会の梅の開花状況を時々見に行っていた。
桜の花の便りの時期になって、ようやく満開になった。
e0103711_1320147.jpg
実がなるまで、観察を続けよう。
[PR]
by si-chans | 2008-03-16 05:11 |


<< 飛び出すテレビ(失敗作) と ... アルジェリアの遺跡 と 牛乳パ... >>