プラハ と チューリップの定点観測
平成21年05月07日
雨の日今日の名古屋地方の天気
チェコの首都、プラハの全景がないので、他人のを借用する。手前の川はヴルタヴァ(モルダウ)川であり、次回にクルージングの報告予定。そこに架かるカレル橋は沢山の観光客でいつも賑わっていた。欄干に人物像があるのが特徴である。この河畔のレストランで食事をしたのを覚えている。
e0103711_166188.jpg
黄金の小径と言われている路地を散策した。
e0103711_1662958.jpg
特徴的な建物である。
e0103711_1664515.jpg
ビルの飾りにも人物像がある。
e0103711_1665615.jpg
右の柱に悩ましいポスターがあるが、撮った時には気が付かなった。従って、何の広告かも不明である。
e0103711_167734.jpg




チューリップの定点観測
昨年11月29日にチューリップの植え付けをUPした。
今春の様子を定点観測した。
1) 4月10日11時  水仙は満開だが、チューリップは1輪だけだ。
2) 4月12日11時  水仙とチューリップが同時に楽しめた。
3) 4月16日07時  チューリップは未だ目覚めていない。 水仙は枯れかかっていた。
4) 4月16日10時  チューリップに日が当たり目覚めた。
5) 4月22日09時  チューリップも散り始めてきた。
6) 5月03日10時  3輪になった。ーー右側の芝桜も終りに近づいている。
e0103711_8595391.jpg
現在(5月7日5時)は右の2輪だけ雨にも負けずしぶとく残っている。 約1ヶ月楽しめたことになる。但し、同時に同じ種類のチューリプを咲かす苦労が良く判る。
チューリップの由来についてはasayannj様のブログでどうぞ。
053.gif全体のTOPに戻る054.gif
[PR]
by si-chans | 2009-05-07 05:06 | チェコ編


<< モルダウ川クルージング と ミ... チェコ紹介 と パスポート更新 >>