タグ:カリフォルニア ( 15 ) タグの人気記事
カリフォルニア滞在1年間の思い出
平成19年09月14日
やや曇り今日の名古屋地方の天気
30数年前のカリフォルニア滞在は1年と1月であり、我が人生で一番充実した日々であった。
週末になると、どこかでガレージセールをしていた。その家で不要になった物をガレージで安く売り出すのである。今では日本でもリサイクルは盛んになったが当時では珍しかった。
リンゴ狩りにApple Barnへ行った。
e0103711_2150207.jpg

そこで、アップルパイの作り方を学び、よく作って貰った。しかし、最近は作って貰ったことがない。
遊園地にもよく行った。
e0103711_21503438.jpg

何の催しがあったのだか、思い出せない。
e0103711_21504789.jpg

晩秋となり、紅葉してきた。しかし、日本のように鮮やかではない。いよいよ帰国しなくてはと寂しさが込み上げてきた。
e0103711_21505889.jpg

しかし、多くの国の友人ができたのは今後の活動の原動力になった。再会を約束して別れた。
また、現在ではアメリカ製のアモチャは珍しくないが、当時は日本では買えないので別便で送った。その一部は、ミニ台風(孫)が今でも使っている
沢山の思い出を有り難う。
帰国前にハワイに立ち寄ったので、次回からはハワイ編とする。
[PR]
by si-chans | 2007-09-14 05:04 | アメリカ編
10日間の旅 LA デズニーランド
平成19年08月31日
雨の日今日の名古屋地方の天気
現在では、デズニーランドは世界中で沢山あるが、30数年前にロサンジェルスにある本場に行ってきた。なお、香港ディズニーランドの様子は、aag52543さんの報告が懇切丁寧である。
お馴染みのミキーマウスである。
e0103711_17451596.jpg

賑やかな音楽と共に行進も沢山あった。
e0103711_17453754.jpg

船にも乗った。途中で海賊が出てきて刀を振り回していた。
e0103711_1745491.jpg

探検家がサイに襲われ、木に登り避難しているシーンである。サイの角が上下し、探検家達も上下した。今から考えると幼稚なセットであったが、充分に楽しんだ。
e0103711_174623.jpg


セクハラではありません。
[PR]
by si-chans | 2007-08-31 04:41 | アメリカ編
10日間の旅 サンディエゴ シーワールド  と 皆既月食を見逃した
平成19年08月29日
雨の日今日の名古屋地方の天気
30数年前、サンディエゴ シーワールドにも行った。現在では、名古屋近郊でもイルカショウ(動画)が見られるが、当時では、世界でも有名なショウを見せる場所であり、感動した。
シャチが人を乗せて泳いでいるシーンである。観客の多さにも驚きである。
e0103711_13231442.jpg

これは火の輪をくぐり抜ける芸である。不鮮明ですが、丁度通り抜けた後です。
e0103711_13233821.jpg

他に遊園地があり、シャチの形をした船に乗る事が出来た。
e0103711_17205539.jpg


皆既月食を見逃した
[PR]
by si-chans | 2007-08-29 05:23 | アメリカ編
10日間の旅 サンディエゴ湾の遊覧クルーズ
平成19年08月25日
夕日今日の名古屋地方の天気
サンディエゴ港では遊覧クルーズを楽しんだ。
e0103711_1320124.jpg

湾曲した橋が海の中にあり、目立った。海水で浸食し崩落が心配である。リンク先の説明から、名前がコロナードブリッジと分かった。
e0103711_13201319.jpg

船上からの町の様子である。ビルが林立している。
e0103711_13202868.jpg

他からはマンションなど住宅地らしき風景が見える。
e0103711_13204089.jpg

本来、私は船酔いが心配で船は嫌いだが、家族サービスであえて乗った。

追記:湾曲した橋についてのコメントが多かったので、コロナードブリッジでネット検索してみた。その結果、「ダウンタウンから高速5号を南に下り、コロナードブリッジを渡ると海軍基地のあるコロナード市に入る。この橋は1人乗りで通過する場合は片道通行料(1ドル)取られる。」とある。何故湾曲しているかの説明はない。
[PR]
by si-chans | 2007-08-25 06:03 | アメリカ編
10日間の旅 いざ出発 サンディエゴへ
平成19年08月23日
雨の日今日の名古屋地方の天気
また、30数年前にタイムスリップする。8月に10日間の夏休みに家族サービスの旅に出た。ガイドブックは持っていたと思うが計画性は無かった。
サンフランシスコから内陸へ1時間ほど中にある町から出発した。まず、南に向かうことにした。
下はロサンゼルスへ向かう途中で、私は運転中であり妻が撮ったはずである。
e0103711_10555964.jpg

対向車線がなく、運転しやすい。アメリカでは高速道路が整備されている。フリーウエイと呼ぶ。無料だからと思っていたら、交差点や信号もなく交通事故にフリーだからだそうだ。それでも、テレビで時々大事故を放映している。また、橋などで有料なフリーウエイもある。
また、距離はマイルを使っており、1マイルが約1.6キロメートルである。目的地までの時間を知るのに便利である。例えば、90マイルと表示してあれば、後1時間半で到着となる。時速60マイル(96キロメートル)で走るとしてである。
早朝に出発したので、ロサンゼルスに早く到着した。そこで、さらに、メキシコ近くのサンディエゴまで行くことにした。
走行距離は約600マイル(約1,000キロメートル)であり、10時間程度は運転したことになる。今はとても出来そうもない。
サンディエゴは軍港があり、夥しい軍艦に圧倒された。日本が無謀な太平洋戦争を始める前に当時の政治家や軍人に見せたかった。
e0103711_10561842.jpg

[PR]
by si-chans | 2007-08-23 06:23 | アメリカ編
ヨセミテ国立公園(その3)
平成19年08月09日
ゆであがる今日の名古屋地方の天気
翌日の日曜日に、トラムに乗って、ジャイアントセコイアを見に行った。
e0103711_90418.jpg

2階が見晴らしの良いバスもあったが、これには乗らなかった。
e0103711_20491919.jpg

昔は、自動車が通れるトンネルになっていたが、2度の落雷と大雪で倒れてしまったそうである。その名残である。
e0103711_902234.jpg

これは、立木である。真ん中で記念写真を撮ったので、木の大きさは想像できると思う。
e0103711_903618.jpg

帰りは、道に迷わずにスムーズであった。
もう一度訪れたい観光スポットの一つです。リンク先の下の小さい画像を順番にクリックすると、素晴らしい風景が見られます。
追記;コメントでジャイアントセコイアの樹齢などの質問があったので、ネット検索の結果をリンクします。
[PR]
by si-chans | 2007-08-09 12:29 | アメリカ編
ヨセミテ国立公園(その2) と お墓掃除
平成19年08月07日
ほぼ晴れ今日の名古屋地方の天気
リンク先で説明しているように、「5ー6月はヨセミテのハイシーズンであり、宿の確保が大変です。数ヶ月前からの予約をお勧めします。」とある。
しかし、我が家のいつも事で計画性がなく、予約なしであった。宿泊施設がどこも満杯で、車の中で寝た。若いから出来た事である。本当は、下のようなキャンピングカーで寝たかった。
e0103711_942684.jpg

日本村とある出店があった。鯉のぼりまで泳いでいる。
e0103711_94424.jpg

テンプラ販売所には、長蛇の列になっていた。人気があった。
e0103711_9415100.jpg

上の2枚は、アルバムの中でヨセミテ旅行の写真の途中にあった。それでヨセミテと思うが自信がない。ガイドブックを見ても分からない。
ヨセミテ国立公園に行かれた方、教えて下さい。

お墓掃除
[PR]
by si-chans | 2007-08-07 06:29 | アメリカ編
ヨセミテ国立公園(その1) と 模造果物
平成19年08月05日
ほぼ晴れ今日の名古屋地方の天気
ミネアポリスの橋崩落の映像は衝撃的だ。7月2日に掲載したベイブリッジの方が現在では更に危険と報道されていた。私は30数年前だったから良かった。これらの橋の徹底的な点検と補修を願っている。
6月の週末に1泊2日でヨセミテ国立公園に行った。
途中の景色です。どこに駐車してこの写真を撮ったか記憶にない。
e0103711_8555230.jpg

道に迷い、行けないのではと不安になったが、幸いにも辿り着いた。
リンク先にあるように、ヨセミテ・バレーは信じられない自然の美しさがあります。
e0103711_8541390.jpg

下は絵ハガキからですが、切り立った岩はロッククライミングの愛好家にはたまらないでしょう。
e0103711_8542471.jpg

当時は若かったので、何を見ても感動した。

模造果物
[PR]
by si-chans | 2007-08-05 05:21 | アメリカ編
ワイン工場の見学
平成19年07月10日
雨の日今日の名古屋地方の天気
30数年前、日本に居る時には、赤玉ポートワイン(今は赤玉スイートワインと呼ぶようだ)しか飲んだ事がなかった。酒屋に行き、棚を探しても無い。そこで、店員に尋ねた。ここに並んでいるすべてがワインだと言われ恥ずかしかった。
それで、ワイン工場を見学する事にした。カリフォルニアワインも有名である。
まず、驚いたのはブドウ畑だ。日本のように棚がなく、低木である。
e0103711_1382093.jpg

ワイン工場(ワイナリー)の建物である。古風である。
e0103711_911393.jpg

二人の子供を無造作に抱いているのは誰でしょう。本当は若くてハンサムだけど、自然にぼけてしまった。残念!!
熟成用の樽は、薄暗い倉にあった。
e0103711_1383928.jpg

その後で、試飲となった(これが目的だったのだ)。

他の日に、シリコンバレーも行った。シリコンを主原料とするIC(集積回路)半導体製造の当時の最先端の拠点であった。残念ながら、画像が1枚も残っていない。
なお、最近の様子は、シリコンバレーにお住まいの方のブログでどうぞ。
[PR]
by si-chans | 2007-07-10 06:43 | アメリカ編
両親参加型保育園 と 脳内メーカー(第2弾)
平成19年07月06日
ほぼ晴れ今日の名古屋地方の天気
初登場ですが、長女(ミニ台風のMAMA)以外に長男(当時4才)がいたのです。今は独立していますが子供がいません(ミニ台風をとても可愛がり、お年玉などもやっていますが、自分の子を育てるのは嫌と勝手な論理です。孫は期待できません)。
アメリカの保育園を体験させるために、入園させた。ネット検索すると、今でも存在することが分かり懐かしい
e0103711_19401042.jpg

名前あるいはリンク先の趣旨説明でも分かるように、両親参加型の保育園だった。保母さんもいたと思うが、両親が交替で面倒を看るのである。外国人だから免除してくれると期待したが、さすが多民族の国で特別扱いしてくれない。時には両親だけの集会もあり、育児方法についての議論も長々とあった。リンク先のカレンダーをクリックすると、5月10日午後7時より9時まで両親のクラスがあり、議題が「子供と性についてどのように話合うか?」とある。ミニ台風のためにも参加したかった。
これは、他の母親が砂場で面倒をしている場面です。
e0103711_19402617.jpg

我が家の番になり、折り紙を教えたと思うが、定かではない。
e0103711_19404130.jpg

男の子とオモチャで遊んでいる。
e0103711_1940561.jpg

女の子も可愛い。
e0103711_19411084.jpg

髪の毛の色が全員違うのも、アメリカだ。この子達も今は良い親になっていることだろう。
息子も、直ぐに英語が出来るようになったが、帰国して1月もしたら完全に忘れてしまった。続けて勉強させるべきであったと反省している。

脳内メーカー(第2弾)
[PR]
by si-chans | 2007-07-06 06:32 | アメリカ編