タグ:狛犬 ( 17 ) タグの人気記事
瀬戸川沿いのせともの店 と 違和感の理由
平成21年12月18日
e0103711_5191740.gif今日の名古屋地方の天気
瀬戸川沿いのせともの店も瀬戸百景(No. 089)の一つである。
川の両側の道がそれぞれ一方通行にになっている。せともの祭りの時は交通止めになり、露店で賑わう。
e0103711_8305477.jpg

ここにも小さな祠があり、狛犬が鎮座していた。
e0103711_831635.jpg
しかし、この狛犬の対には違和感を持った。
その理由は。。。。。

More(違和感の理由)
[PR]
by si-chans | 2009-12-18 05:19 | 日常の出来事
やきものを使った橋 と ランドセル
平成21年12月11日
e0103711_4495268.gif今日の名古屋地方の天気
瀬戸市の中心地にある「やきものを使った橋」が瀬戸百景(No.085)の一つである。
勿論、欄干部分のみである。陶板で制作工程が説明されている。狛犬でガードされている。
e0103711_4513712.jpg


More(ランドセル)
[PR]
by si-chans | 2009-12-11 05:26 | 日常の出来事
バンコクでも狛犬か? と 駐車方法
平成21年10月12日
e0103711_4205815.gif今日の名古屋地方の天気
店頭で狛犬らしき置物を見掛けた。
e0103711_9392742.jpg
他にもあった。
e0103711_9395334.jpg
街角には祠があり、ここにも狛犬らしき動物が鎮座している。
e0103711_9403318.jpg
バンコクで1番有名な祠はエラワン・プームである。既に報告済だが、今回は高架歩道から撮った。
e0103711_9411174.jpg
また、hiro428様が最近の様子をUPしている。恐いタイ人もいるとの事で気をつけよう。

More(駐車方法)
[PR]
by si-chans | 2009-10-12 04:21 | 日常の出来事
葦毛湿原 と 八百冨神社
平成21年08月03日
今日の名古屋地方の天気
やや曇り前回の岩屋観音に続いて、まだ時間があったので葦毛湿原にも道草をした。
e0103711_14122865.jpg
別名「東海のミニ尾瀬」と呼ばれているそうだ。
e0103711_14124192.jpg
時期が悪かったのか花が少なかった。ノリウツギとオレンジ色のユリのようだ。
e0103711_14125458.jpg


More(八百冨神社)
[PR]
by si-chans | 2009-08-03 04:01 | 日常の出来事
瀬戸蔵ミュージアム と やきものの種類
平成21年07月18日
黒い雲今日の名古屋地方の天気
瀬戸蔵の2Fと3Fに瀬戸蔵ミュージアムがある。企画展は撮影禁止だが、常設展は可能である。
e0103711_20211517.jpg
古墳からの出土品が時代別に展示してある。
e0103711_20485366.jpg
呈茶コーナーもあったが、当日は休みであった。
e0103711_20491136.jpg
変わった狛犬(シーサーかも??)も発見した。井戸吉さんが紹介しているのに似ているのがある。
e0103711_20213981.jpg


More(やきものの種類)
[PR]
by si-chans | 2009-07-18 04:19 | 日常の出来事
瀬戸蔵 と 玄関先の狛犬
平成21年07月14日
やや曇り今日の名古屋地方の天気
瀬戸市街の真ん中に瀬戸蔵がある。
e0103711_15462197.jpg
上の左の高い建物の最上階に展望台がある。 瀬戸市街が一望できる。ガラス窓の上部に写真が張ってあり建物の名前が入っている。
下は現在の風景であるが、瀬戸川の大きな数本の木が消えている。地球環境に悪そうだ。
e0103711_15464045.jpg
瀬戸蔵の入り口の案内板である。
e0103711_15465765.jpg
瀬戸蔵を訪問した有名人のサインが展示してある。
e0103711_18412667.jpg
その一部の拡大です。
e0103711_18415598.jpg
食茶房、蔵所であるが、午前中だったので、利用しなかった。
e0103711_1547134.jpg
瀬戸セラミックプラザである。雨漏り師匠から依頼された狛犬はここで手配した。
他にも変わった狛犬が販売されている。ご一報頂ければ、いつでも手配いたします。
e0103711_15472483.jpg
ただし、我が家には不要との妻の意見である。口をへの字に閉じたり、開けたりする恐い生きた狛犬がいるかだそうだ。

More(玄関先の狛犬)
[PR]
by si-chans | 2009-07-14 05:35 | 日常の出来事
窯神神社 と Picturetrailでの花火
平成21年07月02日
黒い雲今日の名古屋地方の天気
瀬戸市街の近くの小高い山に窯神神社がある。

石段を一人で掃除している女性がいた。ボランティアとの事で「ご苦労様」と声をかけた。
e0103711_10502735.jpg
これも瀬戸百景(No.029)である。
e0103711_1050408.jpg
鳥居からの全景である。
e0103711_10505442.jpg
金網で完全ガードの狛犬が鎮座していた。多分、陶磁器製と思われるが触る事が出来ない。
e0103711_1051681.jpg
ここにも変わった狛犬が鎮座していた。
e0103711_10511890.jpg
拡大である。軽くたたくと金属音がしたので、残念ながら陶磁器製ではない。
e0103711_1052848.jpg
本堂は登り窯の形をしている。
e0103711_10514242.jpg
由来の説明である。画像をクリックすると拡大します。
e0103711_10522997.jpg
磁祖、加藤民吉の像である。
e0103711_10524232.jpg
帰りに標識を見たら、北川民次アトリエが近くにある。しかし、5月と11月しか公開しないとある。仕方ないので、11月まで待つことにする。
あとりえ井戸吉」のように毎日公開して欲しい。
e0103711_10525393.jpg


More(Picturetrailでの花火)
[PR]
by si-chans | 2009-07-02 04:03 | 日常の出来事
陶製梵鐘(法雲寺) と 野鳥から実を守る方法(ユスラウメ)
平成21年06月20日
ほぼ晴れ今日の名古屋地方の天気
無風庵への案内板に法雲寺も表示されていたので、行ってみた。
e0103711_18201942.jpg
そこで、またもや瀬戸百景(No.042)を発見した。画像をクリックすると拡大します。
e0103711_18194242.jpg
陶製梵鐘は現存し厳重にガードされていた。どんな音色か聴きたい。
e0103711_18195596.jpg
現在は当然、金属製である。
e0103711_1820756.jpg
本堂修復時の鬼瓦も記念に残っている。
e0103711_18203039.jpg
この鬼瓦の左右に狛犬がいた。寺院では珍しいのはないのか。また、直ぐに跳びかかりそうで恐い。
e0103711_18204312.jpg
修復後の本堂である。
e0103711_18205549.jpg


More(野鳥から実を守る方法(ユスラウメ))
[PR]
by si-chans | 2009-06-20 05:31 | 日常の出来事
無風庵 と 写真自動加工(アジサイなど)
平成21年06月15日
ハンモックの上今日の名古屋地方の天気
前回の瀬戸銀座の隣に、道路脇に珍しい祠を見つけた。交通の邪魔にならない工夫のようだ。
その下に無風庵への案内板があった。
e0103711_833235.jpg
これも瀬戸百景(No.035)である。
e0103711_16411521.jpg

e0103711_16412760.jpg
内部に高価そうな壺があった。
e0103711_16414196.jpg
雛祭りの時期には盛大な飾り付けがあるそうで係の人(昔は美女)がアルバムを見せてくれた。
e0103711_16415790.jpg
無風庵 の左に太平洋戦争の戦没者の慰霊塔がある。
e0103711_1642916.jpg
無風庵の右前には塔の字が消えて読めないが、戦没者の慰霊塔(日清戦争か日露戦争)がある。
狛犬がしっかりと警備している。
e0103711_16422079.jpg


More(写真自動加工(アジサイなど))
[PR]
by si-chans | 2009-06-15 04:53 | 日常の出来事
瀬戸銀座 と も~やっこ
平成21年06月11日
雨の日今日の名古屋地方の天気
前回の深川神社再訪の時に瀬戸銀座を通った。
e0103711_15364060.jpg
狛犬パワーの宣言書である。
e0103711_15365427.jpg
「もやい」が意味不明につき、ネット検索した。その結果、場所は違うがもやい茶屋が出てきた。「船と船とを繋ぎ結ぶ」のが本来の意味らしい。
ここでも狛犬が陳列されている。
e0103711_15371159.jpg
店の暖簾である。やはり狛犬が描いてある。
e0103711_15372943.jpg
平日だったので、人通りは殆ど無かった。
e0103711_15374170.jpg
陶祖まつりの時のような賑わいで活性化することを狛犬さんにお願いしたい。

More(も~やっこ)
[PR]
by si-chans | 2009-06-11 05:00 | 日常の出来事